2007年04月27日

ちびまるこちゃんの面白い歴史

ちびまるこちゃんの面白い歴史


ちびまるこちゃん』第1期は、1990年1月7日〜1992年9月27日、フジテレビ系・日曜18:00〜18:30にて放映。
全142話。制作は日本アニメーション。この第1期の終了は当初の予定通りだったという。

第2期「ちびまるこちゃん」は、1995年1月8日〜現在(放送時間は第1期と同様)現在放映中。

ちなみに2004年はFNSの日でのちびまるこちゃんの放映が無かった。知ってました?

アニメの歴代ちびまるこちゃんの「OP&ED主題歌」・ちびまるこちゃん「劇中歌」は20数曲に及び、

数曲の例外を除いては大半がさくらももこ(ちびまるこちゃんの作者)自身による作詞(一部訳詞)である。

また『じゃがバタコーンさん』では作曲も担当している。じゃがバタコーンさんといえばちびまるこちゃん

代表曲ですよね。今でも頭の中であの曲が流れる〜。ちびまるこちゃんってすごい影響力ですね。


ちびまるこちゃん第1期初代エンディングテーマ『おどるポンポコリン』(B.B.クイーンズ)が、

1990年の日本レコード大賞を受賞。「まなかな」の三倉茉奈・佳奈がカバーしたバージョンが

第2期ちびまるこちゃんオープニングテーマに使われた時期があったほか、

2001年1月からはオリジナルの『おどるポンポコリン』が再びオープニングテーマに使われている。

おどるぽんぽこりんもちびまるこちゃんですね。小さいころよく歌ってました。

ちびまるこはちびまるこちゃん第1期と2000年代の作品では怠惰さやトラブルメーカーなど、

原作に比較的忠実な性格設定となっている。しかし、ちびまるこちゃん第2期初期(1995年〜1998年頃)

の作品では正義感の強い性格とされ、逆にちびまるこちゃんが問題の解決者となることもあり、

同時期にはいじめや教育実習生の苦悩、伝統工芸伝承者の後継者難などを取り上げた「社会派」の作品もあった。

大きく国民から反響のあったアニメ番組でもある。
posted by ちびまるこちゃん。 at 22:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。